SB-800/SB-R200

オリジナルのデフューザーを付けてみました。「ルミクエスト」製にも劣りません。(笑)
SB-800に付けているのは「ラーメンカップモデル1」(トレペタイプと乳白ビニ袋タイプがあります)。SB-R200についているのは「フジフィルムケースモデル」です。
ちなみにこの写真は、SB-800をバウンスしました。
SB-R200については使い勝手に賛否があるようですが自分は「小光量ストロボ」の利点をうまく利用しています。(抑え光源、タッチ光源として)
SU-800を使用すると、調光コードよりカメラから光源を離せるのでいいのですが、スレーブとして他の機材との同調ができないのが難点。(スレーブ機器をつかってもSU-800の赤外線に反応してしまい同調しません。発光はしますが・・)(対応機器SB-800、SB-600、SB-R200)
しかし、SU-800との同使用によってカメラサイドで調光コントロールできることは離れた場所や、高い位置からのライトセッティングをするときには便利だしハンディーライトのライティングワーク域が広がっていろんなライティングが出来ます。
(カメラにくっつけている人には不合理かもしれませんがね・・なんてったってSB-R200にはアクセサリーシューがないんですから・・先日マイクロレンズのフードに絨毯用両面テープをつかって接着してみましたが剥がすときは大変でした)
a0049142_17324714.jpg

by toshi5702 | 2006-04-28 17:32 | 日常景