カテゴリ:銀塩カメラについて( 29 )

共通

フィルム感度指数表示がASAの時代の産物・・・
稼働率はかなり低くなってしまったけど現役・・・
GWのときぐらい磨くだけじゃなくて稼働してみるかな〜〜〜
a0049142_10254670.jpg

a0049142_1026335.jpg

a0049142_10262043.jpg

by toshi5702 | 2011-04-29 10:27 | 銀塩カメラについて

フィルムカメラ

その昔、写真はウスッペラだ”とアラーキーは言い放った、(自虐的におっしゃったことだと理解する)
そして、それは「写真家がその撮影する写真の100%全てをコントロールし得るものではない」というような意味だったような思いがあります・・・
デジタルの時代になりある程度「写真」というものを直感的にコントロールできるようになっても、「忙しい」と自分自身に言い訳して、コントロールすることを疎かにする。コントロールそのものが・・歪曲修正、ノイズ処理 、カラーのマッチング問題とかだけで済ませてしまう・・・(本当はもっと感性的なコントロールでありたいと願うのに)
ファインダーを夢中に覗き込んで、深度目盛りを読みまた絞り込んだマット面を通して被写体の輪郭を追っていた頃の「憶い」(想像、創作) を忘れ去りつつあることもまた、事実だ・・・
a0049142_029572.jpg

a0049142_0291827.jpg

by toshi5702 | 2010-12-15 00:33 | 銀塩カメラについて

1999

1999にNIKON D1が発売されてすぐに購入した・・それがデジタルの本格的な始まり・・
それ以前にもCOOLPIXを使ってはいましたがロケハンがわりとかポラがわりだった。D1を使っていても本格使用はFILMの割合の方が多かった・・本格的にはD1Xが発売された後からでした・・・
フィルムを装填する感覚はリボルバーに弾丸を5発装填するのに似ている・・
獲物を前にして焦る感覚・・敵を前にして装弾する緊張感・・このショットを逃がしてはいかん!
そんな緊張感は1999を境にして薄れて行った・・
みなさんもそんな緊張感味わってみてみませんか・・・そうそう・・「写っているか・・いないかも・・」
a0049142_13574480.jpg

by toshi5702 | 2009-11-09 13:57 | 銀塩カメラについて

機械式

先日、知人のデジタルカメラ小僧に問われた・・
「デジタルカメラしかいじったことないんだけどやっぱ、モノクロかっこいいし、フィルムカメラあったほうがいいすっよね!なにがいいすっかね?・・でもフィルムをカメラに入れたこと無いし・・考えてもめんどいし・・」・・
自分は「無理しなくていいよ・・」とお答えしました・・
モノクロフィルムの醍醐味はやはり自家フィルム現像とゼラチン・シルバープリントですね・・
撮影するだけではなくそのような作業も銀塩写真の面白さでもある。
それらの時間経過性は・・”写真の本質は「追憶」”だとつねづね主張するものにリンクする・・
たしかに現代に於いて、即応性があるデジタルには「追憶」という言葉は似合わない・・・
a0049142_015622.jpg
a0049142_021254.jpg

上は、ハンディーストロボを手作りボックスに入れて1灯と自然光。
下は、ライトサーバー1灯をペインティング。

by toshi5702 | 2009-11-05 00:02 | 銀塩カメラについて

6x6

フィルムを撮ることはこんなに時間がかかったかな・・・?
「フィルム一本勝負」というか一枚のコンタクトで作品を作り上げるということを学生時代にはよくやったもんです。
ブローニーならば12枚の組み写真、35mm判36枚ならば36枚の組み写真(24枚)が表現出来るわけですね・・・
そこで訓練出来る事は、構成力や表現力や想像性・・意味の無いものを36枚撮っても撮る側にも苦痛だし見る側も苦痛になります。デジタルになって「ワンショット一本勝負」ってことも多いです・・
おかげでこのひさしぶりのブロ−ニー一本を撮り切るのにずいぶん時間がかかってしまいました・・・
a0049142_23582834.jpg
a0049142_23585450.jpg
+Photoshop

by toshi5702 | 2009-03-01 00:03 | 銀塩カメラについて

My Favorite2

a0049142_0525784.jpg
a0049142_0531649.jpg

機械的なカメラが男は好きだと思う・・・昔はすべてそうだった・・・
ストラップの細部だってメカニカルだ・・・
50年近く前のカメラですがぜんぜん現役です・・(この先フィルムがどうなるかのほうが心配ですが)それと、今のデジタル50年後はどうなっているか・・・
考えるだけでもおそろしい・・・
(2.8E Planar 80mmから 3.5F Xenotar 75mmに変更した。)

by toshi5702 | 2009-02-19 00:56 | 銀塩カメラについて

My Favorite

フィルムライクな話のついでですが、フィルムカメラの中ではローライフレックス(古いもの)が一番好きなカメラです。
仕事としてはハッセルの方がぜんぜん使い易く、じっさい12年前までは多用したものですが、自分が歳を重ねていくうちに幼少時、おやじが好んで使用していた二眼レフに目を向けられるようになってからは・・ローライのたたき出す「画」がアートそのものなんだと・・・に気づきました・・・
以前にもいいましたがローライ二眼は儀式的カメラであり「晴れの日のカメラ」でもある・・
「晴れの日のカメラ」とはLOMOカメラの「晴れてる日」ではなくて、「晴ればれした日々」という意味です。
めでたい日とでもいうんでしょうかね自分の心が「めでたくなる」そんな機材なんですね・・だから、「フィルムで撮りたくなる」・・と言うのではなく「ローライで撮りたくなる」というのがローライユーザーの心持ちである。
そして、さっと取り出してさっとシャッターを切る・・と言うコンパクトなスタイルではなくてそれなりのルーティーンが必要でスローなカメラでもあることも儀式的の所以です。・・・(八ヶ月ぶりに取り出しました・・)
写真好きの人の中には撮影スタイルに拘る人も多いですが自分も最近ローライフレックスとイルフォードというとエド・ヴァン・デル・エルスケンのスタイルをマネしようと思っています・・・
ちょっと小粋な街撮りスタイルにあこがれちゃいます・・
a0049142_643220.jpg
a0049142_6432714.jpg

a0049142_1125241.jpg

この春、ハンチングをかぶってローライぶら下げたおっちゃん見かけたら多分私です・・・
声をかけて下さい・・・

by toshi5702 | 2009-02-18 06:44 | 銀塩カメラについて

OLD CAMERA

基本設計は40年前・・
半現役・・のGさん
このショットの撮影レンズもGさんレンズ・・・
撮影者もGさん

撮影カメラだけがあたらしい
でもデジタルは3年経つとGさん・・・
a0049142_07011.jpg

写真工業という雑誌にD3とオールドレンズの相性がコメントされていた・・
自分の実感と視点がいっしょ・・・
a0049142_0115156.jpg

本日フィルム・・装填・・・

by toshi5702 | 2008-03-30 00:08 | 銀塩カメラについて

ネガフィルム

銀塩についての話・・・銀塩フィルムは薬剤を使う。無毒とは言いにくく有害に属する薬剤を使う・・・それがいやでデジタルを使うんだという人がいた・・・
単に仕上げ行程がめんどくさいだけなんだろうなと話を流すことにした・・
個人的にはネガフィルムが好きだ・・自分なりの仕上げができるからだ・・
(サービスプリントは場外・・)
カラーネガの独特の色調はアンニュイ感があって癒しになる・・
またぞろ・・フィルムカメラをひっぱりだしてきてしまった・・
a0049142_02198.jpg

a0049142_024699.jpg


ファインダーと目測が、たよりの超アナログカメラ・・・
悪魔的な魅力がある(虜になる)・・biogon38mm。
いままではスクエアーを計算しながら構図を決めてましたが
セカンドライフは自由に使ってみたい・・(もう傷だらけです)
a0049142_1037458.jpg

by toshi5702 | 2008-03-29 00:03 | 銀塩カメラについて

Old

古いカメラを古いレンズで古い人が・・・捉えると・・・
a0049142_10305475.jpg

(夕方の外光とLEDの光源でアンチック感を・・長時間ノイズも加えて)

by toshi5702 | 2008-01-31 08:41 | 銀塩カメラについて