ヤシカ8

ヤシカ8_a0049142_8375166.jpg

はじめて動画を目にしたのは、自分が幼少のころ叔父が我が家に持ち込んだヤシカ8だった・・・
ターレット式の8mmムービーカメラ・・・当時、叔父は道楽(趣味という枠を超えていたに違いない)には金をかけていた・・・
映画監督きどりの叔父は、私や自分の妹を被写体に映画作りをしていた・・こども心に「サイレント映画」みたいだな・・・と思った・・・なんといっても映写機の回転音が騒がしかったからだ・・・
叔父が作りたかったのは当時、流行っていた「じらいや」(どういう字を書いたのかも記憶に無い)という忍者映画の模倣だった・・・(かえるとなめくじとへびに巻物を加えてドロンとすると化けるもの・・・「三すくみ」という概念はこの物語の元からきているそうな・・発展型にジャンケンがある・・)
今で言う「特撮もの?」・・・シナリオ(台本)と絵コンテを手にもって一人二役も三役もして動いていた・・
その後、自分は、大人になりビデオカメラを手にして我が子の「記録」が動画にかかわった精一杯の知識・・・
その自分が、いま「じらいや」・・いやPV作りに・・・勉強中・・・

by toshi5702 | 2010-08-27 08:42 | 日常景