カテゴリ:食( 42 )

È aceto balsamico che arrostisce di una melanzana e l'aglio

なすは栄養的に特別なものは含んでいませんが、生体調節機能が優れているといわれています。
なすの皮のアントシアニンと呼ばれ成分や、果実の中に含まれていて一般になすのアクと呼ばれるクロロゲン酸などの抗酸化物質のポリフェノールを多く含んでいます。 
ポリフェノールとは動脈硬化を防ぐ作用もあると注目されている成分です。そのほかにも「なす」は、変異原物質(発ガン物質)によって体細胞が変異を起こし、ガン細胞に変化することを防ぐ作用が野菜の中でも極めて強いといわれています。そのことは、数ある野菜の中でも「なす」が飛びぬけて優れています。・
夏は「なす」を好んで食べます・・健康にいい、オリーブオイルとニンニク・タマネギを加えて炒め、バルサミコ酢でさっぱりとラ・タトゥーユ風にしたものです。
a0049142_168228.jpg

by toshi5702 | 2009-07-30 16:09 |

MAILLE

カンパーニュに何十にも重ねたパストラミとスライスしたゴーダとトマト、サニーレタス。
マヨネーズとたっぷりのMAILLE・・・
a0049142_6145863.jpg

by toshi5702 | 2009-07-04 06:15 |